- スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害とは、スポーツによって起こった怪我のことを言います。日々の練習による繰り返しの負担により炎症や痛みを引き起こすものです。
それとは別にスポーツ外傷というものもあります。スポーツ外傷とは肉離れ、捻挫、骨折、脱臼などのことを言います。

アスリートは、一般の方より遥かに多くの時間を練習・トレーニングに費やしています。
スポーツで結果を出すためには、トレーニングの質や量を少しずつ増加させなければなりません。そのバランスが非常に大事になってくるのです。練習が個人の能力に対して低すぎても効果は上がらないですし、高すぎても障害を起こしてしまいます。
スポーツ障害についてですが、筋肉の使い過ぎによる故障もありますが、関節の可動域の減少が原因で起こる故障も多いのです。関節の可動域が減少することによって、代償運動(可動域の減少した関節の働きを他の関節が肩代わりしている状態)が起こり、疲労が集中化してしまいます。そうすることで無理が生じ、故障につながってしまいます。
また、関節可動域が上昇することによってパフォーマンスの向上にも効果があります。優れたアスリートほど、全身を上手く使い大きなエネルギーを生み出します。関節の可動域が広がると体を大きく使うことができるようになり、より大きなエネルギーを生み出しやすくなるわけですね。

当院では骨格矯正する事によって体のバランスを整え、体の回復力を発揮しやすくするとともに、矯正による関節可動域の上昇により運動のパフォーマンスを上げられるように施術を行っていきます。


アクセス情報

所在地

〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院3-7-18 メゾンドエスポワール2F

休診日

日曜・祝祭日

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください