- Blog記事一覧 -二つのタイプの不眠症

二つのタイプの不眠症

2017.03.16 | Category: 健康に関する話

こんにちは。薬院カイロプラクティックの佐藤です。

不眠症には様々な種類があり、なかなか寝付けない入眠障害、
夜中に何度も目が覚める中途覚醒、たくさん寝たはずなのに
ぐっすり寝た感じが得られない熟睡障害などです。

このような悩みを持つ人には、ストレスのある人、病気の人、
運動不足の人、お年寄りなどが含まれています。
そういった人たちには二つのタイプの不眠症があることがわかっています。

一つは交感神経緊張型の不眠症です。
精神的なストレスを抱えていて、布団に入ってもあれこれ考えてしまい
目がさえて眠れなくなってしまいます。
仕事や人間関係、家庭内の悩みが交感神経を緊張させてしまい、
心身ともに休めなくなり寝つきが悪くなります。
それがストレスになり、その不安感からますます眠れなくなります。

交感神経緊張型の人に試してほしいのが、布団の上に横になってする深呼吸です。
悩みごとのある人は気づかぬうちに浅く速い呼吸になるため、意識して深い呼吸をします。
酸素を大量に取り込むので体が排出しようと働き副交感神経優位に向かわせます。

もう一つは副交感神経緊張型の不眠症です。
昼間に体を動かして働いたり、運動をしたりしないため
体が疲れないので眠れないというものです。
特にお年寄りは仕事や家事から引退して昼の活動量が少なくなり、
その結果昼寝が多くなり夜の不眠の一因になります。
疫学調査でも、運動習慣のある人は不眠になりにくいことがわかっていて、
特に夜中に目が覚めにくいという結果が出ています。

副交感神経緊張型の人は何といっても昼間体を動かすことです。
散歩に階段を取り入れたり、夜寝る前にストレッチや軽い有酸素運動を
心掛けるようにすることが快眠につながります。

カイロプラクティックは自律神経の流れを整えるのに非常に優れた治療法です。
お悩みの方は一度ご相談ください。

肩こり、腰痛、自律神経失調症でお困りの方。
福岡市中央区薬院、平尾でカイロ、整体をお探しの方。
ぜひ一度薬院カイロへご相談ください!


アクセス情報

所在地

〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院3-7-18 メゾンドエスポワール2F

休診日

日曜・祝祭日

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください