- Blog記事一覧 -自律神経失調症

自律神経失調症

2017.03.08 | Category: 健康に関する話

こんにちは。薬院カイロプラクティックの佐藤です。

自律神経には交感神経副交感神経があり、
片方が優位になると片方が下がるというように
シーソーのようにバランスを取り合っています。
この揺れが激しい人ほど体調を崩していくのです。

交感神経も副交感神経もどちらかに偏った状態が長く続く時、
体温が低下し免疫力も低下してしまいます。
では交感神経と副交感神経はどのような働きをするのでしょうか?

交感神経は日中活動している時や、興奮している時に働く神経です。
心臓の動きや呼吸を早め、血圧を上げたり血流を増やして
酸素を体中に送ろうと血管を収縮するよう働きかけます。
交感神経を優位にするのは「働きすぎ」、「悩みや心配事」などの過剰なストレスです。

副交感神経は夜寝る時や、食事をする時、笑う時に働く神経です。
心臓をゆっくり動かしリラックスさせ、
血管を拡張させて大量に血液を流すように働きかけます。

そして今日本人に多いのが交感神経優位の自律神経失調症です。

日本人は働く時間がとても長いので、
1日の中で交感神経が優位になっている時間が圧倒的に長いのです。
そうなると自律神経のバランスが崩れてきます。そうなると・・・

・本来なら熟睡して体を回復させるべき時に、副交感神経の働きが悪くて眠れない
⇒不眠症になり、身体が回復しない
・運動していないのに交感神経が働き心拍数が上がって動悸が起きる、呼吸が早くなる
・立ち上がる時に血圧がコントロールできずに立ちくらみを起こす
・体温調節がうまくできなくなり、火照りや冷えを感じやすくなる

などの症状が現れてきます。

交感神経優位が続くと筋肉や関節回りも固くなり、力を抜こうにも抜くことが出来ず
自力で回復することが出来なくなってしまいます。

薬院カイロでは矯正により筋肉・関節の緊張を緩め、緊張していた神経を開放する事で
副交感神経優位に切り替えていきます。

症状でお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

自律神経失調症などの諸症状でお困りの方。
福岡市中央区薬院、平尾周辺でカイロ、整体等の治療院をお探しの方。
ぜひ一度薬院カイロへご相談ください!


アクセス情報

所在地

〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院3-7-18 メゾンドエスポワール2F

休診日

日曜・祝祭日

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください