- Blog記事一覧 -本当は怖い痛み止め

本当は怖い痛み止め

2017.10.10 | Category: 健康に関する話

こんにちは。薬院カイロプラクティックの佐藤です。

今日は痛み止めの恐い部分について書いていきます。

病院などに行くと「痛み止め出しておきましょうね」よく見る光景ですね。
ではそもそも痛み止めとはいったい何なのでしょうか?

痛み止めお医者さんの世界では「消炎鎮痛剤」と呼びます。
文字通り炎症を抑えて痛みを鎮めます。
痛みが取れるのでありがたく頂きますが、それが悲劇へと繫がることもあるのです。

痛みが起こる原因はそもそも血流障害です。
そして痛みを引き起こすのは体内のプロスタグランジンと呼ばれる成分。
消炎鎮痛剤はこの成分を減らします。
よって知覚神経が麻痺し、痛みは「一時的」に和らぎます。
知覚が麻痺して痛みを感じなくしているだけで、血流障害が治ったわけではありません。

もし腰痛で医者にかかったとしましょう。

腰痛→消炎鎮痛剤を使う→効果が切れる→痛みがぶりかえす→消炎鎮痛剤を使う→…

というループに陥ります。

「痛み止めは根本改善にはならない」という事を覚えておかねばなりません。

普段からしっかり体のメンテナンスをして「脱・痛み止め」をしていきましょう!

福岡市中央区薬院、平尾でカイロ、整体等の治療院をお探しの方。
肩こり、腰痛、頭痛などの慢性疾患でお困りの方。
ぜひ一度薬院カイロへご相談ください!

 

 


アクセス情報

所在地

〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院3-7-18 メゾンドエスポワール2F

休診日

日曜・祝祭日

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください