- Blog記事一覧 -元気に梅雨を乗り切ろう!その3

元気に梅雨を乗り切ろう!その3

2017.06.21 | Category: 健康に関する話

こんにちは。薬院カイロプラクティックの佐藤です。

今日は梅雨を乗り切るためのポイントについて書いていきます。

1、生活リズムを整える
自律神経の乱れを少しでも防ぐためには、昼と夜のメリハリをつけ、
生活リズムを整えることが大切です。
朝はできるだけ同じ時間に起床し、夜には十分な睡眠時間を確保するように心がけましょう。
朝食をしっかりと食べ、夜は遅くまで飲食せず、
就寝時間の3時間前までには食事を済ませておくことが理想的です。
寝不足な人がついやってしまいがちな“休日の寝だめ”は体内時計を狂わせ、
かえって悪循環に陥ってしまう結果になりやすいため、
休日と平日の起床時間の差は多くても2時間以内にとどめましょう。
さらに天気が良い日はもちろん、雨の日でも、朝いちばんにまずカーテンを開けて、
部屋の中を明るくすることが大切です。雨で家の中が暗い日は、
照明をつけて少しでも活動時間帯であることを体に覚えさせるようにすることがポイントです。

2、積極的に体を動かす
晴れた日には積極的に屋外に出て、体を動かすようにしましょう。
必ずしも運動をする必要はありません。太陽の光を浴び、
景色を味わいながら散歩をするだけでも十分です。
歩くことで血流も活発化し、体温も上昇するため、
体も脳も目を覚ますと同時に、ストレスの発散にもつながり、リフレッシュできます。
晴れた日の朝は、ひと駅分歩いて通勤してみてはいかがでしょう。
すっきりとした気持ちで1日をスタートさせることができるはずです。

3、湯船につかる
忙しい毎日を過ごしていると、ついシャワーで済ませがちですが、
梅雨の時期は特にゆっくりと湯船に浸かることが大切です。
1日の疲れを癒し、心身ともにリラックスできるほか、
冷房や寒暖差で知らないうちに冷えてしまっている体を温め、
汗をかくことで、汗腺の機能を活発化させることができます。
また、入浴で一度体温を上昇させると、
その後のゆるやかな体温の下降とともに穏やかに入眠できるというメリットもあります。
ぬるめのお湯に20分ほど浸かるのが効果的でしょう。

以上ご紹介のように、生活の中のちょっとした心がけで
、梅雨の時期特有の体調不良を緩和することが可能です。
梅雨を迎える前から生活を整えておくとより好ましいと言えます。
疲れをためず、上手にリセットして元気に乗り切りましょう。

福岡市中央区薬院、平尾でカイロ、整体等の治療院をお探しの方。
頭痛、腰痛などの慢性疾患でお困りの方。
ぜひ一度薬院カイロへご相談ください!


アクセス情報

所在地

〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院3-7-18 メゾンドエスポワール2F

休診日

日曜・祝祭日

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください